【ニカラグア入国に関して注意点あり】テグシガルパ(ホンジュラス)→レオン(ニカラグア)バスでの行き方(公共バスでの移動がおススメ)

ニカラグア

こんにちは!澤田(@bonbonbondo)です。

今回、僕はホンジュラスの首都、テグシガルパから、ニカラグアの観光都市レオンに公共バスを利用して移動しました。旅人御用達のTica busの情報も合わせて記載したいと思います。またニカラグア入国に対して、注意点がありますので、それも合わせて説明します。

★この記事はこんな方向けです。

  • テグシガルパからレオンへの最適な移動手段を知りたい
  • テグシガルパからレオンに、公共バスを使っていきたい
  • ホンジュラス、ニカラグアの国境について知りたい

※2019年8月現在、1L(リンピラ)=約4.4円、1C(コルドバ)=約3.2円。

スポンサーリンク

行き方

主な行き方は次の2種類

  • チキンバス等の公共バスの利用★おすすめ
  • Tica busの利用

それぞれについて説明させていただきます。

チキンバス等の公共バスの利用★おすすめ

テグシガルパからレオンへは、公共バスでの移動が激安、且つ簡単に移動できるのでおススメです。

移動の概要は以下の通り

  • バス運賃は、140Lと72C(バスによる微妙な違いあり)
  • 所要時間は、約6時間半(混雑状況に依存)
  • 乗り換えは3回
  • 国境付近以外は、乗り換えは降りた場所の近くでできる

この移動は、「国境を除き、一度乗ったバスを終点まで乗り、そこで近くのバスに乗り換えれる」という点で、すごく簡単だと思います。

また運賃に関しては、バスの運転手のさじ加減がありますので、大体そんなものか、くらいに思っていてください。

僕が実際に移動した際の3回の乗り換えの概要は以下の通り。こちらメモ帳にコピペをしておくと、移動の際に役立つと思います!

  • テグシガルパ→チョルテカ
    料金:100L
    時間:07:20~10:30( 約3時間10分
  • チョルテカ→国境(※ホンジュラス側)
    料金:40L
    時間:10:50~11:40( 約1時間10分
  • 国境(※ニカラグア側)→チナンデガ
    料金:35C
    時間:12:55~14:50( 約2時間
  • チナンデガ→レオン
    料金:37C
    時間:14:50~15:40( 約1時間

それぞれのバス乗り場(兼乗り換え場所)と補足情報以下の通り

テグシガルパ

Googleマップだとこの辺り。

Mapsmeで言うYellow bus to Choluteca という場所がそれに当たります。

ここにはわんさかとバスのキャッチがいますが、100Lが相場の様です。カウチサーフィンのホストは、150Cでチョルテカまで行ったと言っていました。地元民でもそれくらいの価格です。エアコンついているものが多いようで、灼熱のホンジュラスではありがたい。

こんな感じの大きなバス

チョルテカ

テグシガルパからのバスの降車位置と、国境行きのバスの乗車位置は徒歩3分くらい。

大体、この辺りについて、この辺りから乗ると思えばOKです。国境行きのバンを捕まえる時、迷うことはあまりないと思いますが、いざとなったら「ドンデ エス エル カミオン パラ ラ フロンテーラ?(和:国境行きのバスはどこ?)」と聞けばOKです。

今後も公共バスで国境を超えるのであれば、フロンテーラ(国境)という単語は、覚えておくといいと思います。

近くにはマーケットもあるので、余ったリンピラで腹ごしらえをしてもいいと思います。

国境(※ホンジュラス側)

この辺りで降ろされます。

両替士とリキシャーのおじちゃんがわんさかとやってきます。両替はボチボチのレートです。国境までは、歩いて5分くらいなので、リキシャーは使う必要ないと思います。バンの運転手も、使う必要ないと言っていました。

ニカラグア側に歩いていき、途中にあるこの施設で出国手続きをしましょう。出国税などはなく、簡単な質問を受けて、すぐ通してくれます。

国境(※ニカラグア側)

国を跨ぐ橋を渡った後、ニカラグアのイミグレを通過する必要があります。この建物に入り、入国の手続きをしましょう。注意点は下にまとめました。下記に詳細を示しますが、以下2点。

  • 入国事前申請が奨励されている
  • 入国税12USDがいる
分かりにくいけど、これがイミグレ

イミグレ後、5分ほど歩き、このバスターミナルでチナンデガ行きのバスを拾います。Maps meでいう「Bus to Leon」という場所です。ただレオン行き直行のバスはありません。チナンデガで乗り換える必要があります。

チナンデガ

国境から乗ってきたバスを終点まで乗りましょう。そうするとこのバスターミナルに着きます。

このバスターミナル入り口に、レオン行きのバン乗り場があります。このバン乗り場に、入場券売り場が併設されているので、そこで37Cを払いバンに乗りましょう。

レオン

レオンは、このローカルマーケット内にあるバスターミナルに到着します。

バンを降りると、リキシャーのキャッチがわんさかとやってきます。中央広場まで20Cとかそのくらいで激安です。ここから中央広場までは、歩いて20~30分ほどかかるので、歩くのが面倒ならリキシャーを使うのもいいと思います。

Tica busの利用

公式サイトではテグシガルパからだと、マナグア行きしかありません。聞いた話では、レオンを通過する際に降ろしてもらえるとのことですが、実際に僕が使っていないので詳細が分かりません。

Ticabus

購入する前にTica busに問い合わせてみるといいと思います。

またTica busのターミナルへは、タクシーで移動することになると思います。Tica busのターミナルは郊外にあり、僕がテグシガルパについた際は、ターミナルから市内へは200Lでした。かなり強気の値段で来るかも知れません。

ニカラグア入国時の注意点(2点)

ニカラグア入国には、注意点が2つあります。

  • 入国事前申請が奨励されている
  • 入国税12USDが必要

入国税は払うだけなので何ともありませんが、入国事前申請について、ネット上でも色々な情報が飛び交っているので、少し説明をさせていただきたいと思います。

また、入国審査の際にもらえるこちらの書類は、ニカラグア出国時まで大切に持っておきましょう。僕は、出国時にこの紙を見られました。

入国事前申請について(※2019年7月現在は、奨励程度の扱っぽい)

以前は必須項目の一つだったようですが、僕が国境を通過した2019年7月では、奨励程度に感じました。ぶっちゃけると、僕が国境を通過した際、何組かの外国人旅行客を見ましたが、誰一人やっていないようでした。

こちらイミグレにあった張り紙。申請は以下のサイトか、メールアドレスからできるようです。(※2019年8月1日に僕がhttp://www.solicitudes.migob.gob.ni/ のURLを直叩きしたところ、サイトがありませんでした。)

といっても、イミグレに会った説明書きにも、特にこれといった説明がない。多分、誰もやってこなさ過ぎて、イミグレも面倒になってしまったやつじゃないかと思ってます。

この審査、コスタリカからニカラグアに入国した僕の友人達は、誰一人としてそんな話は聞かなかったとのことです。まぁその程度の扱いなんだろうな、と思ってます。

ちなみに事前申請をしていないと、以下のことをさせられます。

  • パスポートのコピー1枚を取る(イミグレ近くで3Cでできる)
  • 滞在期間、場所、これまでの旅先を質問される

僕の場合、ザっと30分くらいで終わりました。このシステム、よく分からないのが現状です。

実際の移動

07:00にお世話になったカウチサーフィンの家を出発。流しのタクシーを拾い、チョルテガ行きのバスターミナルに向かいます。120L。

07:20にはターミナルに到着。タクシーにバスのキャッチがわんさか群がります。その中でも100Lというバスがあったので、それに乗ることに。エアコン付きで快適です。

スタートはかなりゆっくり。いくつかのバス停に止まりながら進みました。

10:30ごろ、チョルテカに到着。1ブロックだけ移動して、国境行きのバスに乗り換えます。40L。

この写真の奥に、乗り換えのバンがあります。

所持金のリンピラも少ないので、ここで腹ごしらえをして、ほとんど使い切る作戦で行きます。弁当とアイスを購入。それぞれ25L。

その後、10:50にはチョルテカを出発。前の席に載せられ、運転手とホンジュラス人にサンドイッチにされます。ここでこの2人とごみ問題やら、ホンジュラスの教育やら、話が盛り上がってすごく楽しかったです。

国境が近くなってくると、トラックの行列が見えてきます。エルサルバドルとホンジュラスの国境もそうでしたが、何故かホンジュラスから出る方にはトラックの行列が。しかも尋常じゃないくらいの。そんなに一方的に運ぶものがあるのかな?

11:40には国境沿いの停車位置に到着。降りるやいなや、両替とリキシャーのキャッチがわんさかきます。両替に関しては、1USDが30C、15Lが20Cということなので、まとまったお金を交換。

その後、ホンジュラス出国のイミグレまで5分ほど歩き中で手続きをします。

すごく不思議なのが、ここはニカラグアとの国境なのに、グアテマラに行くのか?と聞かれました。また、イミグレの外には、グアテマラのお金ケツァールを好感してくれる両替士がわんさか。ここからグアテマラにどうやって行くんだろう。

その後、歩いてこの日本が出資したであろう橋を渡り、ニカラグア側へ。

途中でニカラグアのイミグレにパスポートを見せ、荷物チェックのカードを貰います。

その後、ニカラグアのイミグレに到着。事前入国申請をしていなかったので、近くの施設でパスポートのコピーを取り、どこに滞在するのか等、いくつかの質問に答え12:35には手続き終了。この紙は、ニカラグア出国時まで大切にしまっておきましょう!

その後、少し歩いたところにあるバス停に行き、チキンバスを拾い、12:55にはチナンデガに出発します。35C。

道中はひたすらNARCOS MEXICOをみました。最近、このシリーズを見すぎて、スペイン語が何となくFelixっぽくなってきた気も。笑

Narcos: Mexico | Netflix Official Site
Witness the birth of the Mexican drug war in the 1980s as a gritty new "Narcos" saga chronicles the true story of the Guadalajara cartel's ascent.

14:50ごろチナンデガのバスターミナルに到着。到着したターミナルに、レオン行きのバンが止まるスペースがあるので、そこで乗り換えます。37C。ちなみにこのバンは、人をぎゅうぎゅう詰めにして走り、バンの中は灼熱地獄になるので、飲み物を用意していた方がいいと思います。

1時間弱走らせた、15:40にはレオンに到着。喉が渇いていたので、マーケットでコーラをいただき終了です。袋に入れるタイプは初めて見た。笑

楽勝!

最後に

いかがでしたでしょうか?

テグシガルパからレオンへは、公共バスを乗り継いで簡単に行くことができます。所要時間も、Tica busの提示している時間と大差ないので、この区間は公共バスでの移動がおすすめです。

公共バスを利用する際は、スリやバス強盗には十分に注意してくださいね。

それではよい旅を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました