【簡潔】リオのカーニバルのチケットの買い方について|購入方法、料金情報まとめ

ブラジル

こんにちは!澤田(@bonbonbondo)です。

この記事では、2020年に僕が実際にリオのカーニバルに行った時の経験を元に、リオのカーニバルチケットの購入方法について、簡潔にまとめさせていただきます。

※2020年2月現在、G10,000=約16.5円。R$1=24円

スポンサーリンク

買い方は3通り

チケットの購入方法は以下の3通りです。

  • 地元の友達に、予め買っておいてもらう
  • ネットで事前に購入(正攻法)
  • 当日、スタジアム付近のダフ屋から購入(圧倒的に安い)

2020年時点では、リオのカーニバルのパレード入場に身分証明書の提示はありませんでした。つまり、チケットさえ持っていれば、誰がどこで買おうと、パレード会場に入ることができます。

友人に買ってもらうことはさておき、ネット購入とダフ屋について、以下に詳細をまとめさせていただきます。

ネットでの事前購入について(正攻法)

リオのカーニバルパレードチケットに関しては、公式サイトでの販売たるものがありません(2020年現在)。多くの代理店がチケットの販売を行っているので、そこから買うことになります。

代理店によって料金に大きな差があり、どこで買うか迷うと思いますが、僕はこちらのrio-carnival.netさんで購入させていただきました。理由としては、

  • 評判がいい
  • サイトや、質問コーナー、メールでのやりとりがしっかりしている
  • 何と言っても値段が安め

実際、こちらのサイトで買った際、向こうの事情で僕のチケットがキャンセルさせてしまったのですが、そのお詫びをして無料のチケットをいただくことができました。サービス精神も立派なんです。笑

上記サイトで買った場合、カーニバル期間中に、チケット受け渡しを行う場所に行かなくてはいけません。2020年の場合、コパカバーナ近くの、ユダヤ教教会が受け渡し場所でした。サイトの質問コーナーに受け渡し場所の詳細があると思うので、チェックしましょう。

また、大方のサイトは大丈夫だとは思いますが、明らかにおかしい(安すぎたり、評判が悪い)サイトでは購入しない方がいいと思います。

ダフ屋からの購入(圧倒的に安い)

2020年時点では、カーニバル会場付近には多くのダフ屋がいました。しかも、当日購入出会っても、ネットで購入するより安い値段を提示してくることが多かったです。

こんな感じのところに、ダフ屋が溢れてる

下位リーグであれば、売り切れの心配なんてないくらいダフ屋がいましたし、上位リーグであっても、パレード開始前、後も全然いました。年によっては売り切れになることもあると思いますが、僕の経験からいうと、まぁ席を選ばなければ、売り切れにはならないかな?という感じです。

これが2020年度の本物のチケットです。日付、形、セクターなどが書かれています。参考までに。

参考までに、前半2日の下位リーグであれば、立見席(Grand Stand)チケットがR$50程度、一階の指定席がR$350程度。後半2日の上位リーグは、カーニバルスタート1時間後であれば、立見席が$150とかです。

セクターや席による値段の違いが大きいので一般化はできませんが、事前にネットの値段を調べておくと、値段交渉の題材になると思います。

おすすめの席は?

「完全に個人の好みと予算」って感じになってしまいますが、そんなことを言っていても始まらない!笑

今回、僕は立見席からのみパレードを見学し、その際はセクター4と7を利用しました。比較対象があまりにも少ないので参考にならないかもしれませんが、個人的におすすめなのは、審査員席が近い7です。

気のせいかもしれませんが、審査員席も近いこともあり、パレード隊のパフォーマンスにも力が入っていたように感じます。

また7からは、スタートからゴールまでを広く見ることが出来ます。これも、パレード中心地近くに位置するセクターの利点かな?と思います。

ちなみに、これは4からのパレードの様子です。

以下、実際にパレードを見た時に感じた、席による違いをまとめさせていただきます。席選びの参考になれば嬉しいです。

アクセスがいいのは偶数セクター

偶数セクターのエントランスは、メトロ駅「praça onze」のすぐ近くです。パレード開始前もさることながら、パレード終了後や途中帰宅の際、偶数セクターの方が簡単にメトロ駅に合うセスできます。

またメトロから会場までは、屋台や警察、警備員がいて、かなり治安がいいように感じました。

夜中まで、駅周りには屋台が出ています

アクセスといった意味では、偶数セクターの方がいいなぁと思いました。

立見席は早い者勝ち!一人観戦には向いてないです。

立見席は安いですが、指定の席がなく、早い者勝ちで席を取りに行くことになります。

スタート前はこんな感じ

席の取り合いや、割り込みのゴタゴタがあるし、トイレなどに行くと、「せっかく早く来て取っておいた席が取られた!」なんてことも。特に一人で観に行った時は、荷物の見張りやら何やら、割と面倒です。笑

圧倒的コミュ力と、スペイン語、ポルトガル語力で、現地で友達を作れる!もしくは一人観戦に自信がある方はいいですが、一人でゆっくり観たい方にはオススメできません。笑

日にもよりますが、これくらい混みます

その分、下のBOX席などは席が指定されており、パレード開始直前に行ってもOKですし、席を取られることもありません。

値段も大切ですが、楽しむのが一番大切です!笑

セクター12の立見席は遠い

これは友人が教えてくれたのですが、セクター12の立見席は値段がかなり安いですが、ボコっと凹んだ状態になっている為、パレードがかなり遠い位置になってしまうそうです。このサイトの、中段にある立体地図が分かりやすいかな?

Top 5 Tips for the Ultimate Experience in Rio de Janeiro, Brazil — Craft Travel
Carnival 2019 is just around the corner and you are probably wondering how to even get started! To help ensure you have a wonderful time in the Marvelous City, ...

ブラジルに住んでおり、頻繁にカーニバルのためにリオに来れるのならいいですが、日本から遥々きて、めっちゃくちゃ遠い位置にパレードを見るのは、ちょっとな?なんて思います。

なのでダフ屋などで買うときも、12の立見席はめちゃくちゃ遠目にパレードを見ることになる、ということを覚えておくといいと思います。

何となく、奇数セクターの方がパレードが近く見える気がする

調べてもよく分からなかったのですが、何となく奇数セクターで見た時の方が、パレードが近く見えたような気がします。ただ証拠を掴んでいないので、「ふーん」くらいで聞いていてください。

ただ確かに、偶数セクターの方が、奇数セクターよりも、中段の席が多いような。

あくまでも感覚の問題です!

最後に

いかがでしたでしょうか?

ぶっちゃけ、そんなに焦らなくても、チケットは何とかなるのが2020年時点の現状です。笑
値段と日程と相談し、世界最大級のお祭りを、存分に楽しんでください。

それでは良い旅を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました